鉛筆
矢印
2019.05.10
漆喰の壁。

人生で一番のお買い物、マイホーム。

だからこそ上質な素材で作られた家に住んでいただきたい。

 

 

こんにちは(^^)/

 

壁工房プロデュースのメンテナンスフリー住宅、

そのモデルハウスの建築の様子をレポートしています✨

 

久し振りのレポート、お待たせいたしました!

 

いよいよ内装作業も本格的となり、

10連休中も少し作業を進めておりました~(^^)

 

現在、私たちの専門中の専門!

 

壁の塗装を進めております(^_-)-☆

 

やはり、ココはこだわりたいところ!

 

(と言ってもモデルハウス全体にこだわりが詰まっているんですけどね♪(^^))

 

 

今回、メンテナンスフリーの視点でご提案する壁は、

 

ズバリ、漆喰の塗装です

 

 

モデルハウスで使用した色は白。

色も塗り方も、飽きの来ないシンプルなデザインをご提案しています。

 

(って、奥で設置しているのは何??

と思われるかと思いますが(^^)

追ってこのブログでレポートさせていただきますね(^_-)-☆)

 

 

漆喰の壁に、より耐久性を持たせるよう、

全面に下地を塗ります。

 

↓下地を塗った段階↓

 

 

こうすることでヒビ割れにくくなります・

 

仕上げと同じ工程で下地を塗るので、

2倍3倍の手間が掛かることになりますが、

 

こうして下地を塗ることにより

ヒビ割れにくくなり、補修が不要に。

 

 

暮らす人が一生を掛けて建てるマイホーム、

 

そこに手間を掛け、上質な素材を準備するのは、

 

家づくりに関わる人間としての責任があると思っています。

 

 

 

 

漆喰は左官職人の塗りの技術で色々な模様に仕上げることができます。

 

コテ波模様の塗り方も流行っていますが、

今回は、ザラつきのある自然な風合いの質感も加えて

飽きの来ないデザインに。

 

 

この質感のヒントをもらったのは、琉球漆喰!

 

弊社社長が沖縄旅行に行った際に

 

「これだ!この質感だ!」

 

とビビっときたそうです(^^)

 

職人が手作業で塗る漆喰の壁には味わいがあり、

 

暮らしていく中で愛着もわいてきますね。

 

 

また、一般的に用いられている壁紙は

 

化学物質の接着剤を塗り、壁紙を貼りますが、

 

漆喰は一切の化学物質は含まれておりません。

 

漆喰の材料は石灰、天然の素材です。

 

 

 

漆喰塗りの上には、汚れを拭き取りやすい加工もしています。

 

特に子育て世代にご提案したい「メンテナンスフリー住宅」。

 

汚れを落としやすいのも大事ですよね。

 

 

小さなお子様が暮らす環境にはもちろん、

 

大人も上質な自然素材で作られた家に住んでいただきたい。

 

 

 

このメンテナンスフリー住宅で弊社社長が強く願っているのは、

 

無機質な空間ではなく、

できるだけ自然の素材に囲まれて、

心豊かに暮らしていただきたい。

 

そして、補修(メンテナンス)の心配の無い人生を送って欲しい、

 

 

ということ。。。

 

 

そんな想いを、引き続きレポートさせていただきますね♪