鉛筆
矢印
2021.01.26
基礎工事第2弾! 配筋検査からコンクリート打設

壁工房プロデュース、
メンテナンスフリー住宅の建築現場をレポート!

前回は、基礎工事第一段として
建物の位置を決める「丁張り」の工程をお伝えしました。

今回は、その次の工程。
配筋検査と生コンクリート打設の工程をレポートいたします!🎤

配筋検査とは、配筋図という図面を見ながら、
鉄筋の太さや、間隔、鉄筋と鉄筋の固定の間隔、
コンクリートを打った後の鉄筋からコンクリートの厚さなどに
間違いがないかを確認するものです。

この鉄筋が建物の強度を出します!
なので、ここは非常に重要な工程なのです!

計算通りに組み立てられていなければ、
建物の強度も出ないということ。

家づくりを通して重要でない工程は無いので、
毎回「この工程は重要です!」と言ってしまっていますが、、、💦💦

この鉄筋、この後は建物の基礎に隠れて見えなくなってしまいます。
そのため、この段階で検査をして写真に残しておくのですね!

後日、床面にコンクリートも打設されました!
数日乾燥させてから、
次に「立ち上がり」と呼ばれる側面の部分もコンクリートを打ちます。

こんな感じですね!

このように配筋検査を経て、
コンクリートを流し、お家の基礎ができていくのですね!

来月はいよいよ、棟上げを予定しています。
またレポートさせていただきます!

この記事のカテゴリ:お知らせメンテナンスフリー施工事例