メインイメージ
SPメインイメージ
!
矢印
メンテナンスフリーな生活。
やっと手にした夢にまで見たマイホーム。
しかしほとんどの家が10年後にはメンテナンスが必要になります。

住宅ローンを払いながら、子育てをしながら、教育費を負担しながら
外壁・屋根塗装工事代、約100万円を捻出するのは本当に大変です。

私は塗り替え工事を中心としたリフォーム工事をしてきて、いつも感じていました。
「どうしてこんな脆い外壁材・屋根材を使用したのだろう」
「どうしてシーリング材に頼った施工方法、デザインをしたのだろう」
「デザイン性を重視するあまり、後のメンテナンス費用を莫大にしている」
「こうすれば良かったのに」という家ばかりです。

腐食して補修が必要になった我が家を見てお客様は必ず言われます。
「買うとき(建てる時)はわからないよね。」

設計する人、家を提供するビルダーは10年後のことを考えていない!
だったら自分が設計しよう! 提供しよう! 限りなくメンテナンスが不要な家を!

メンテナンスフリーな外壁材

最近のサイディングは耐久性が非常に向上しており、
ハウスメーカーさんから「この外壁材は塗り替え不要です!」と
説明もあるかと思いますが、問題はシーリングです。

外壁材は長持ちしても外装材の継ぎ目や隙間に充填して防水するシーリング材が10年ほどで打ち替えが必要になります。
耐久性の高いシーリング材も開発されてはいますが、紫外線をまともに受ける南面、西面のシーリング材はせいぜい15年ぐらいの耐久性でしょうか。
弊社はシーリングを一切使わず、外装材を上下・左右につないでいくニチハ株式会社「シーリングレス仕様、ドライジョイント工法」を採用しています。

一般的に10~15年ごとに必要だった外壁の塗り替え時期を25~30年、もしくはそれ以上に引き延ばし、メンテナンスコストの大幅削減します。
年々進化を遂げる窯業系サイディングは意匠性と耐久性が高まっております。
シーリングレスの外壁材が「長期メンテナンスフリーな外壁材」です。

もう一つ重要なことは、外壁の入隅、出隅を少なくし、ベランダの配置を考えて、劣化・雨漏りの原因、弱点となる部分を設計しないことです。

塗り替えが必要な外壁

補修サンプル01
吹き付け模様仕上げは汚れ、苔が付きやすくなります。
補修サンプル02
モルタル仕上げの壁はひび割れが必ず発生します。
補修サンプル03
水切りが無いので、サイディングが基礎の水分で腐食します。
補修サンプル04
自然の物はやはりメンテナンスが必要です。破風板はガルバニウム鋼板で仕上げた方が良いです。
補修サンプル05
帯(幕板)の上端は雨水が溜まりやすく、腐食が進むとメンテナンスが必要になります。
補修サンプル06
メンテナンス不要の外壁材と説明を受け外壁材の状態は良好でしたが、シーリングは打ち替えが必要でした。
補修サンプル07
今は少なくなりましたが、モルタル壁塗装仕上げには、必ずひび割れが発生いたします。
補修サンプル08
変性シリコンシーリング材は10年程でこの様に。高耐久性のシーリング材で施工していれば、、、
補修サンプル09
寒冷地では吸水した水が凍り剥離します。ALCパネル壁材は防水が耐久性に影響するので塗り替えが必要に。
補修サンプル10
鳩小屋も屋根の上に必要でしょうか。建具の雨仕舞が悪くなり、漏水の原因となりメンテナンスが必要になります。
補修サンプル11
壁の幕板やモールはデザイン性や新築時の見栄えは良いかもしれませんが、10年後にメンテナンスが必要になります。
補修サンプル12
屋根のすぐ上に軒天があると、雨が跳ね返り、軒天の腐食の原因となります。

メンテナンスフリーな屋根材

メンテナンスフリーの屋根材として実証されているのは、瓦しかありません。
瓦には1400年以上の実績をもつものがあります。

ただし、瓦自体はメンテナンスフリーですが、瓦屋根の漆喰、モルタルはメンテナンスが必要です。

システム瓦(乾式工法)を採用し、複雑な構造の寄棟では設計をせず、
いずれメンテナンスが必要になる弱点を可能な限り無くします。
使用屋根材:新東株式会社

塗り替えが必要な屋根

補修サンプル13
コロニアル屋根の板金部分は釘も抜けやすく、メンテナンスが必要に。
補修サンプル14
シーリングも劣化してしまい補修が必要となってきます。
補修サンプル15
勾配の屋根を設計すると、通常の足場代+屋根用の足場が必要に。
補修サンプル16
スレート瓦は熱による膨張、収縮や地震で自然と割れてしまいます。
補修サンプル17
天窓も補修には足場が必要になり工事金額は安くありません。
補修サンプル18
屋上防水は改修費用が高額です。本当に屋上防水は必要でしょうか。
補修サンプル19
金属系の屋根材は夏場、2階の部屋は辛そうです。

メンテナンスフリーな設計

耐久性の無い不要な幕板・モールなど飾りを付けない居室の上にベランダを計画しない。
など、リフォーム・改修工事をしてきた経験を活かして、
家の弱点となる部分を限りなく無くした設計をご提案いたします。

ちょっとしたメンテナンスが必要になったら

補修サンプル20
脚立で補修できたら補修費用は安く抑えられます。 建物は隣地境界から一定距離を保った計画が必要です。
メンテナンスフリー
太陽光発電で省エネな暮ら...
住まいの壁工房プロデュース「メンテナンスフリー住宅」...
2021.03.31
メンテナンスフリー
高気密構造で快適な暮らし...
壁工房プロデュース メンテナンスフリー住宅。 ...
2021.03.12
メンテナンスフリー
棟上げしました!メンテナ...
壁工房プロデュース、 【連載】メンテナンスフリ...
2021.02.22
メンテナンスフリー
基礎工事第2弾! 配筋検...
壁工房プロデュース、 メンテナンスフリー住宅の建築...
2021.01.26
メンテナンスフリー
\\ 基礎工事 開始しま...
皆様、明けましておめでとうございます。 &nb...
2021.01.11
メンテナンスフリー
\施工開始!/ 取手市 ...
久しぶりのブログ更新です☆ このたび取手市内に...
2020.12.20
メンテナンスフリー 塗装の効果
外壁下地ボードの継ぎ目の...
本日は外壁の下地ボードの継ぎ目のひび割れの補修例です...
2020.02.14
メンテナンスフリー 塗装の効果 色のある生活
モスグリーン色の壁 《一...
本日は印西市 F様邸の足場解体工事でした。 &...
2020.02.14
メンテナンスフリー
瓦の南蛮漆喰の補修と腐食...
本日は室内の漆喰ではなく、瓦の漆喰の話です。 ...
2020.02.12
壁工房ロゴ
モデルハウス兼事務所建設中
メンテナンスフリー住宅をより皆様に実感して頂く為に、モデルハウスを作成しています。
土地探しから建築風景などメンテナンスフリー住宅の全てを公開中!
壁工房ロゴ
1997年の創業以来、20年以上住宅の新築や改修の塗装に携わって参りました。塗装や修理の施工をする際に、もっとこうしたら「補修の必要性が低くなる」「なぜこの手法を取ったのか」と考え施工して参りました。