鉛筆
矢印
2019.03.22
雨どいこそメンテナンスフリーに。

「雨どいなんて みんな同じでしょ?」

 

いえいえ、違うんです!

 

雨どいこそ、メンテナンスフリーにして頂きたいのです!✨

 

 

壁工房プロデュースのメンテナンスフリー住宅。

 

こちらのブログでは、

 

そのモデルハウス建築の様子をレポートしております(^^)/

 

 

今日は、「雨どい」のご紹介です。

 

前回は「いよいよ内装のお話です!フローリングについて」

https://mainte-free.com/archives/212

 

なんてお知らせしておきながら、

 

またまた外に出て参りました(笑) m(__)m

 

 

冒頭の話に戻りますが、

 

雨どいなんてみんな同じだと思っていませんか?

 

お家を建てる時に特にこだわる部分ではないかもしれません。

 

なので、「なんでも良いです~」なんて言ってしまいがち。

 

 

で、す、が!

 

 

雨どいは、

 

★無防備な場所で、常に雨☂、風、紫外線や太陽の熱☀にさらされる

 

★屋根から流れ落ちてくる雨水を一手に受け止める

 

★時には、雪解けの雪の重みに耐える☃

 

★補修には足場を組む必要がある(平屋でない限り)
➝補修の際に費用が掛かる

 

これらの特徴だけでも、

 

雨どいこそメンテナンスフリーにするべきなのです!

 

 

弊社のモデルハウスでは、ガルバリウム製の雨どいを使用しています。

 

 

 

 

 

一般的に多く使用される塩化ビニール製に比べて、

 

格段に耐久性に優れています。

 

キッチンのシンクに使用される素材と同じなので、

 

確実に水に強い!✨

 

ガルバリウム製だと、

 

熱や紫外線による劣化が少なく、

 

錆びません。

 

 

また、雨どいを取り付ける金具は下から受ける形ではなく、

 

吊り金具を使用。

 

 

 

 

そのぶん、見た目もスッキリしています。

 

 

 

 

通常は60㎝間隔で取り付けるところを45㎝間隔にしているので、

 

通常よりも頑丈。

 

 

屋根から落ちてくる雨水を一手に受け止めますから、

 

雨水の量と威力に耐えられるようにしています。

 

形もゴミが詰まりにくい半円状に。

 

 

 

 

暮らしの中で、家の補修に対する心配事を可能な限り不要にしたい。

 

快適に暮らしていただきたい、そんな弊社社長の想いが

 

このモデルハウスによって形になりつつあります。