鉛筆
矢印
2020.02.12
瓦の南蛮漆喰の補修と腐食した軒天の部分改修工事《一生、塗り替え費用0円の家を提案する工務店のブログ》

本日は室内の漆喰ではなく、瓦の漆喰の話です。

 

セメント瓦の塗装をするのですが、

既存の瓦の南蛮漆喰が痛んでいます。。。

これでは塗装が出来ません。。。

 

ここはどうしても痛むところです。

 

南蛮漆喰が劣化すると地震で棟瓦が崩れたり、雨漏りの原因にもなります。

 

下の写真を見れば容易に想像ができますよね。。。

 

 

 

 

 

理想は「葺き直し」ですが、お客様のご予算、この家をあと何年持たせたいか。

それによって補修の仕方を考えます。

 

それがプロの仕事だと思います。

 

今回は全部の漆喰が痛んでいるわけではないので、部分的に南蛮漆喰を重ね塗りして補修してから塗装することになりました。

 

 

 

 

これぐらいの補修でしたら、諸経費内やサービス工事の範囲内で施工可能です。

 

 

ちなみに軒天も部分的に補修しています。

 

 

 

劣化する部分、劣化する材料、劣化する工法。

リフォームを請け負ってきて十分知り尽くしました。

 

はじめから数年後にリフォームが必要な住宅をお客様に提供している現在の新築住宅業界の現実。

そんな現実を見てきた私が提供する「外装、屋根メンテナンスフリー住宅」

 

内装は「自由設計、漆喰と珪藻土の天井と壁」

理想の住まいがここにあります。

弊社モデルハウスに是非お越しください。
モデルハウス見学のお問い合わせはこちらから
お問い合わせ

 

 

 

この記事のカテゴリ:メンテナンスフリー施工事例未分類