鉛筆
矢印
2021.01.11
\\ 基礎工事 開始しました!//

皆様、明けましておめでとうございます。

 

年が明けて第一回目の投稿になります!

 

 

 

昨年末に地鎮式を終えた取手市内の渡辺様邸。

 

 

このたび、基礎工事を開始しました!

 

 

基礎工事の始まりは、

 

建物の位置を決める「丁張り(ちょうはり)」という大事な作業から。

 

 

 

丁張りは、水盛り、遣り方(やりかた)とも言われます。

 

土木関係では丁張りをかける、建築関係では遣り方を出す、

 

と言われることが多いとか。

 

 

このようにレーザーで距離を計測しながら、

 

建物の位置や、柱を立てる場所を決めていきます。

 

住宅が完成した時の傾きまでにも影響するとても重要な作業。

 

 

 

レーザーの無い時代は、紐で直角三角形を作りながら、

 

他には、ホースの中の水が水平になる原理を利用しながら

 

おこなっていたそうです。

 

 

目印の杭が倒れないように、貫(ぬき)と言われる板で

 

左右、斜めと固定されました!

 

 

この丁張りを目印として、柱が立てられ、

 

棟上げと進んでいきます!

 

 

次回は、コンクリートを流し込む作業を

 

1月下旬にレポートしたいと思います!

 

 

―住まいの壁工房―

お問合せはこちらまで

この記事のカテゴリ:お知らせメンテナンスフリー施工事例