鉛筆
矢印
2018.12.05
嬉しい♪メンテ不要な屋根

メンテナンスフリー住宅のモデルハウス建築の様子を

お伝えしているこちらのブログ。

 

今回は「メンテナンスフリーな屋根」のお話です(^^)

 

従来のお家のメンテナンスで多い案件のひとつが、屋根の修繕。

生活の中であまり目に見える場所ではないものの、

雨漏りなどで気付くケースもよくあります。

 

屋根の修繕に掛かる費用はおよそ80万円~120万円ほど。

 

その費用…大きい…ですよね…。

 

しかも従来のスレート瓦(コロニアル屋根)などは

10年に一度は塗り替えが必要な屋根材なのです。

 

足場を掛けての塗り替えの費用は50万円ほど…。

 

そんな修繕費用が掛かるなら、建てる段階から修繕不要な素材や工法で

建ててしまいましょう!というのがメンテナンスフリー住宅。

 

もちろん屋根もメンテナンスフリーにすることが可能です♪

 

↓建築中のモデルハウス、屋根を乗せました!✨↓

 

 

屋根の形状は「切妻」。

 

 

「寄棟」工法だと瓦を斜めにカットするなど、

余分な作業と瓦の枚数を必要としてしまうので

材料や作業のコストが高くなります。

 

雨樋も「寄棟」だと4面に軒樋が必要ですが、

その点「切妻」だと2面に軒樋を必要とするだけ。

 

こちらもコストの削減に繋がりますね(^^)

 

使用するのは陶器製で塗り替え不要の『新東システム瓦』↓↓

 

 

瓦にはメタリックな塗装を施して、太陽の光を反射させ、

遮熱効果を高めます。

 

 

↑↑ 表面の凹凸は、雨水を雨どいの方向へ流す工夫(^^♪

雨水が流れずに屋根に留まると劣化のもとになりますからね。

 

こうして、一つ一つの工程を熟考して「メンテナンスフリー住宅」モデルハウスは

着々と仕上がっております!