鉛筆
矢印
2019.02.25
外壁の接着剤はメンテナンスフリーのカギ

こんにちは(*^_^*)

 

壁工房がプロデュースするメンテナンスフリー住宅。

 

 

そのモデルハウス建築の様子をレポートしております!(^^)/

 

 

今回は、前回に引き続き外壁のお話です~✨✨

 

前回、前々回のレポートはこちらをご覧ください ↓ ↓ ↓

 

「外壁の施工に入りました!」

「外壁こそメンテナンスフリーに」

 

 

 

 

そしてそして、外壁の最終回は「接着材」のお話。。。

 

 

いよいよ核心に迫って参りました!

 

 

 

 

外壁のメンテナンスフリーを語るには接着剤の話無しでは語れません。

 

 

今回、外壁で使用している接着材は、エポキシ系と呼ばれる

 

 

接着性、耐熱性、効果収縮が小さく、弾力性がある接着剤です。

 

 

 

特に弾力性があるということがメンテナンスフリーには重要で、

 

 

接着部分に弾力があると、揺れに強くなります。

 

 

そうです、地震の際にも剥がれ落ちにくくなるのです。

 

 

熊本地震の際にも、1枚も剥がれ落ちなかったと報告されております!!

 

 

 

災害に強い家、重要ですよね。

 

 

 

ただでさえ大変な状況でのお家の修繕は、

 

極力減らしたいものです。

 

 

 

 

また、この外壁タイルは汚れにくい塗装もされているのです!✨✨

 

 

 

タイルには、雨と一緒に汚れが流れていく処理がされており、

 

 

汚れが溜まることなく、雨と一緒に洗い流されていきます。

 

 

 

お家の顔となる外壁が、汚れにくいのは助かりますよね~!(*^_^*)

 

 

 

 

住む人に優しく、心身と経済的な負担が限りなく少ない家、

 

 

それがメンテナンスフリー住宅。

 

そんなメンテナンスフリー住宅モデルハウス建築の様子を、

 

引き続きレポートして参ります!